たけしのみんなの家庭の医学を見ていると、
腸年齢というのをやっていた。
腸が老けると大腸がんになりやすくなるのだとか。
滋賀県の人たちは大腸がんが少ないということで調べてみると、
食生活に特徴のあることがわかった。
腸が若々しいという滋賀県の人たちの食生活は、
発酵食品が多いということだった。
中でも漬物は乳酸菌と食物繊維がとれるので善玉菌のエサになる。
すると善玉菌が増え、結果、腸年齢が若く保てるのだという。

そんな話を聞いていると漬物が食べたくなった。
何となくNHKの朝ドラ「ごちそうさん」を見ていたときと同じ展開だが。

でも、スーパーとかで売っている漬物は添加物が多そうで好きになれない。

ならばと、自家製の漬物を作ろうと調べてみるとよさそうなのが見つかりました。


たね坊のぬか床

材料は国産原料だけ、そして添加物はまったく無し。
このぬか床を使って、新鮮な野菜を買ってきて自分で漬物を作ります!
おいしそうでしょ!!